‘SF’ タグのついている投稿

「ウォッチメン」

2009 年 4 月 5 日 日曜日
「ウォッチメン」表紙

「ウォッチメン」表紙

ヒューゴー賞を受賞したアラン・ムーア、デイブ・ギボンズのコミック。ようやく読む。本編だけで12章、412ページ。セリフが多く、各章にホリス・メイソンの自伝「仮面の下で」など物語の背景を記した文章だけのページもあるので、読むのに時間がかかった。映画の感想はSorry, Wrong Accessに書いたが、映画は原作にほぼ忠実である。違うのはクライマックスの災厄の設定ぐらいか。

映画を見た時にスーパーヒーローもののメタフィクション的な印象を受けたのだけれど、それは原作でも同じだった。アラン・ムーアの後書きによると、当初は既存のスーパーヒーロー(キャプテン・アトム、ブルービートらチャールトンコミックスのキャラクター)を使って物語を構成したかったが、かなわなかったという。それでアメリカン・コミックのヒーローをモデルにロールシャッハやナイトオウルなど独自のキャラクターを作ることになった。

忠実なだけに、これは映画→原作よりも原作→映画の順で観賞した方が楽しめる作品と言える。映画では説明されなかったロールシャッハの模様が動く仮面はDr.マンハッタンが発明した生地で、「2枚のゴムに挟まれた液が圧力や熱に反応して流動する」のだそうだ。このように映画で分かりにくかった背景などはよく分かるが、基本的に同じ話なので、真相が明らかにされる場面で映画に感じたような驚きはない。

それにデイブ・ギボンズの絵は動きが少なく感じる。日本でコミック化すれば、キャラクターの造型やアクション場面などさらに面白くなる題材だと思う。平井和正原作、池上遼一作画の「スパイダーマン」のようなリメイクをすると、面白いと思う。

この原作、amazonではまたもや「出品者からお求めいただけます」になっている。速攻で買っておいて良かった。前回はいったいどれぐらい入庫したのだろう。amazonに表示されている画像はケースの写真なので、ここには本の表紙をスキャンした。この絵は第11章の扉絵と同じで、オジマンディアスの南極の基地にある温室の中の一部を描いている。

僕の貧弱な感想では参考にならないので、大森望さんが10年前に書いた書評をリンクしておく。十年に一度の大傑作、『ウォッチメン』が凄すぎる!

「PLUTO」第7巻

2009 年 3 月 15 日 日曜日
「PLUTO」第7巻

「PLUTO」第7巻

昨日、書店に行ったら、長男が「出てるよ」と言ったので買う。奥付を見ると、2月に発売されたのかな。6巻まで一気読みしたのが、昨年8月。これは浦沢直樹作品ではベストではないかと思った。7巻を読んでもその印象は変わらない。

浦沢作品は「20世紀少年」も「モンスター」も長すぎる傾向がある。話がもう終わってもいいと思えるのにそれでも延々と続くのは、たぶん雑誌編集者の要請もあるためだろう。「PLUTO」は8巻で終了するという。手塚治虫「地上最大のロボット」という枠組みがあることが幸いしているのだ。話の細部を膨らませることはできても、最強ロボットのPLUTOがアトムを含む世界最高水準のロボット7台を倒すというプロットを大きく変えられないのだ。これは足かせではあるけれど、浦沢作品には有効に作用した。

7巻ではついにエプシロンも死んでしまう。そしてこれまで断片的にしか見せなかったPLUTOの全体が初めて描かれる。6巻までに主人公の刑事ロボット・ゲジヒトが死に、アトムも死んだが、この2人が復活することは容易に想像がつく。7巻では予想通り天馬博士の手によってアトムが復活した。

7巻まで読んで感心するのはドラマティックな見せ方で1巻の最後のアトムと2巻の最後のウランの登場シーンや初めてアトムが空を飛ぶシーンには胸が震える。続きを読みたくて仕方がない気分にさせる。オリジナルを超えるリメイクであることは疑いの余地がない。もうあとはボラーとの決着がつく8巻を待つだけだ。6月発売が待ち遠しい。