気になる「ウォッチメン」の原作

28日公開の映画「ウォッチメン」についてシネマトゥデイにオタキング岡田氏が大絶賛!映画『ウォッチメン』の原作が凄いことになっている!という記事があった。「『日本のコミックは世界イチ』と浮かれるなかれ。とんでもない黒船がやってきた。世界一のSFコミックに戦慄した!」とコメントしているそうだ。これは本のオビにある推薦文のようで販売元の小学館集英社プロダクションのページにも引用してある。

そこまで言われれば、原作を読んでみたいものだが、amazonでも楽天ブックスでもセブンアンドワイでも売り切れ。amazonには中古品が6000円で売られている。元が3570円なのに6000円で買ってたまるかと思う。重版が決まったそうなので、そのうち手に入るだろう。それに近くの本屋に行ったら、案外あったりするものなんですよね。

「ウォッチメン」は映画の方も評判が良くて、IMDBでは8.1の高得点。これは絶対見に行かなくちゃ。

全然話は変わるが、今日は県立高校の合格発表。9時半ごろ、家内から電話があり、長女が志望校に合格したとのこと。B科がダメでもF科には通るだろうと思っていたので、全然心配はしていなかったが、長女に言わせると、「奇跡的にB科に通ってた」そうだ。県立高校の競争倍率なんて大したことないのでこれで喜んではいけない。問題は入学してからだな。


3 thoughts on “気になる「ウォッチメン」の原作

  1. mk2

    こんなところでしれっと。。。おめでとうございます。
    高校生活、楽しみですね!

    「ウォッチメン」、実はかなり気になってたんですが、
    なんか想像以上の事が起こってますね。
    期待が膨らみます。

  2. hiro 投稿作成者

    ありがとうございます。

    「ウォッチメン」の原作は4月上旬に増刷されるそうです。楽しみです。

コメントは停止中です。